tel:03-3797-6064
2-26-7 Nishiazabu, Minato-ku, Tokyo
single page feature image

水素酸素吸入器(HHO)

長年の研究から生まれた技術の結晶 水素酸素吸入器

オゾンが出ない。純水からつくる。
水素と酸素の混合ガスだから安心して使える!
他にはない水素67%、酸素33%の高濃度水素酸素ガスを大量に発生させることが出来る装置です!

・第二種医療機器製造販売業許可申請中
・特許出願中
・治験データあり

my mother 機械の特徴

stock

新型の高濃度水素酸素吸入器 my motherは、連続運転可能で、発生量も世界トップクラスです。
水素酸素吸入器の要は電極とセルの構造です。

大容量タイプ、コンパクトなタイプにする場合で、最適なセルが異なります。
水素酸素ガスを発生させる電極のセル方式は、ウェットセルとドライセルの2種類があります。

電極には白金メッキチタン電極を使用しています。

ウェットセル

ドライセル

白金メッキチタン電極

ドライセル

電極の外側に水が漏れないようにしたタイプです。電極の隙間に水を流して循環させ、水を少なくでき、水を冷やせるため連続運転が可能になります。大容量タイプの仕様に適しています。

ウェットセル

電極を水槽の中へ入れるタイプです。構造がシンプルで小型で持ち運びタイプの仕様に適しています。

白金メッキチタン電極

白金メッキチタン電極は、高い電気化学的触媒性能を有し、かつ耐久性に優れています。その中でも、日本製の最高グレードの電極を使用しています。

タイプSSSS ver-upML
製品番号SS150SSVU150m.m.Mm.m.L
電流(A)/電圧(V)5A/12V6A/12V5A/24V8A/24V
水素酸素ガス発生量(毎分)130cc150cc500~600cc800~1000cc
同時使用人数1人1人1~2人1~4人
タンク容量0.7L0.7L--
形状(WxDXxH)170x105x240170x105x240360x170x260410x185x290
乾燥重量2.3kg2.3kg9.0KG11kg
連続運転1時間1時間24時間24時間
セル方式ウェットセルウェットセルドライセルドライセル
電解槽内温度48度48度60度60度
使用環境温度0~40度0~40度0~40度0~40度
電源100V~240V100V~240V100V~240V100V~240V
保証期間1年1年1年1年
previous arrow
next arrow
PlayPause
Slider
title icon

my mother そのほかの特徴

title icon

my mother オプション・使い方

マイクロバブルキット

特注色

水素酸素吸入器のお問い合わせはこちらから

水素酸素吸入器についてのより詳しい情報がご希望の場合は、こちらからご連絡ください。

吸入体験に興味のある方はこちらから!

水素吸入を弊社併設の水素サロン Lotus-H にて体験できます。詳細はこちらから!

title icon

星子クリニック 星子先生 インタビュー

星子先生インタビュー 病気・アンチエイジングと水素

星子先生インタビュー 水素酸素吸入と水素吸入の違い

星子先生インタビュー 免疫と水素

星子先生インタビュー 水素に関しての全般的な解説

星子先生インタビュー 睡眠と水素

星子先生インタビュー スポーツと水素酸素吸入

星子先生インタビュー ガンと水素酸素吸入

title icon

星子先生インタビュー (英語版)

Interview with Dr. Hoshiko Immunity and HHO

title icon

水素酸素吸入器の各種取り扱い方法

水素酸素吸入器のS~Lサイズごとの取付方法、水交換方法などを動画にてご紹介しております。

title icon

お問い合わせ

水素酸素吸入器のお問い合わせはこちらから

水素酸素吸入器についてのより詳しい情報がご希望の場合は、こちらからご連絡ください。

吸入体験に興味のある方はこちらから!

水素吸入を弊社併設の水素サロン Lotus-H にて体験できます。詳細はこちらから!

title icon

落谷 孝広

東京医科大学医療総合研究所 分子細胞治療研究部門 教授。がんを始めとした様々な疾患の新しい診断法や治療法の確立を目的とした基礎研究を行う。核酸医薬、生体イメージング、ステム細胞、再生医療、細胞工学、分子腫瘍学であり、これらの領域で蓄積した経験を基礎に、常に新しい分野の開拓にチャレンジ、核酸医薬を医師主導治験にまで推し進め、またマイクロRNAの前臨床試験や体液診断の実用化開発を発展させている。

さらに、がん細胞が自ら分泌する細胞外小胞(エクソソーム)に注目し、そのコミュニケーション能力を武器に宿主での生存をかけたエクソソームの戦術を次々に明らかにすることで、がんの新たな理解に迫ろうとしている。

水素の有効性も研究している。

title icon

星子 尚美

星子クリニック 院長。全人的医療を目指した自由診療のみの代替医療を行っている。統合医療、がん治療、水素治療を行っていることで有名。専門分野はがん治療、予防医学、アンチエイジング、食育指導、水素治療。予防医学に貢献したことに高い評価を受け、東久邇宮国際文化褒賞を受賞。

水素酸素吸入器を用いた治療を行っている。

電話する